東京には戻りたくない。ここにはなんのいいことも無いから。
そう思いつつも、私は再びここに戻ってきた、この狭い部屋に戻ってきた。

この身体には、常に二つのアイデンティティが混ざっている。
一つは台湾人である私、今まで育ってきた環境によるアイデンティティ。
もう一つは、ここにいる二年間に染まってきた習慣。
もう慣れてきたのかな?そういえるだろうのかな?
エスカレータの左側に立っている。携帯は常に手放さない。
穴のある5円玉と50円玉、静か過ぎる電車、無表情の人たち。
聞き飽きた敬語も。

だけど、やはり私はここの人間ではない。
私はここにいるという現実が確かにあるとしても、この世界は私のことを認めてくれない。

それにしても、私は頑張らざるを得ない。
自分が選んだ道だから、どんなに辛くても、頑張るしかない。
一生懸命勉強して、そしてレポートを書く。
活発なキャラーを演じている。何の問題も無いようなフリをしている。

そして、君のことを忘れるように頑張っている。

無駄な努力をしている私は、今、ここにいる。

できれば、君を忘れることなんかはしたくない。君ともう一度再会したい。
ムリだって知っているにもかかわらず。

もう一つの現実があればいいのにな。
だけど、そこには、君がいるのだろうか。
もしくは、君は最初から私の世界に存在しなかったんだろうか。

もしそうであれば、私が握っている君に関するすべては、一体何なんだろうか。

現実逃避といっても、私は、そもそもこの現実には存在しないだろうか。
創作者介紹
創作者 六瀨 的頭像
六瀨

相葉贔屓。あいさく/櫻葉クラスタ。

六瀨 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()